試験概要

マンション管理士は、国土交通省所管の国家資格ですが、実際に試験を執り行うのは、財団法人マンション管理センターという団体です。
このページでは、同団体のホームページを参考に、マンション管理士試験の試験概要について紹介したいと思います。

1.想定されるマンション管理士試験の内容

(1)マンションの管理に関する法令及び実務に関すること
(2)管理組合の運営の円滑化に関すること
(3)マンションの建物及び附属施設の構造及び設備に関すること
(4)マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること

2.試験期日及び時間

11月の最終日曜日、午後1時~午後3時

3.試験地

札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、広島市、福岡市、那覇市並びにこれら周辺地域

4.受験手数料

9,400円

5.受験案内書

(1)配布期間
8月上旬~
(2)配布方法
財団法人マンション管理センター並びに都道府県及び政令指定都市において配布する。また、財団法人マンション管理センターのホームページからダウンロードすることにより入手することもできる。

6.受験申込

(1)申込期間
9月上旬~10月上旬
(2)申込方法
指定の払込用紙等を用いて受験手数料を納付し、申込期間内に財団法人マンション管理センターへ郵送する。

7.出題に係る法令等

出題に係る法令等については、試験実施年の4月1日において施行されている法令等とする。

8.合格発表

合格者の氏名及び受験番号を官報で公告するとともに、各受験者へ合否通知書を送付するほか、財団法人マンション管理センターのホームページにおいて合格者の受験番号を掲載する。

9.受験資格

年齢、性別、学歴、国籍等一切を問わない。

以上が、マンション管理士試験の試験概要になります。
ただし、試験の実施方法等については、変更になる可能性もあります。受験申込前には必ず、試験の実施機関である財団法人マンション管理センターのホームページで、最新の情報を確認するようにしてください。

 次のページ

>>最短合格を狙うならこの勉強法がオススメ