試験科目①

マンション管理士試験の試験科目は、(1)マンションの管理に関する法令及び実務に関すること、(2)管理組合の運営の円滑化に関すること、(3)マンションの建物及び附属施設の構造及び設備に関すること、(4)マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関することの全4科目からなります。

このページでは、4科目のなかでもっとも学習範囲が広く、かつ本試験での出題数も多い「(1)マンションの管理に関する法令及び実務に関すること」について、掘り下げて見ていきたいと思います。

「マンションの管理に関する法令及び実務に関すること」の具体的な内容について、マンション管理士試験の実施機関である財団法人マンション管理センターのホームページには、以下のように記されています。

建物の区分所有等に関する法律、被災区分所有建物の再建等に関する特別措置法、マンションの建替えの円滑化等に関する法律、民法(取引、契約等マンション管理に関するもの)、不動産登記法、マンション標準管理規約、マンション標準管理委託契約書、マンションの管理に関するその他の法律(建築基準法、都市計画法、消防法、住宅の品質確保の促進等に関する法律等)等

あまりにも多くの、そして聞き慣れない法律の登場に面食らっている受験生も多いかと思いますが、マンション管理士試験に合格するためには、いずれの法律の学習も避けて通ることはできません。

とはいえ、試験対策という観点に立ったとき、「重要な法律」と「あまり重要でない法律」があるのもまた事実です。
「重要な法律」は何と言っても、「建物の区分所有等に関する法律(区分所有法)」で、「マンションの管理に関する法令及び実務に関すること」科目の問題のうち、実に半数近くは、この区分所有法から出題されます。見方を変えれば、区分所有法を完璧にマスターすることができれば、この科目の半分は得点できる計算になります。

ちなみに区分所有法は、「区分所有建物の構成」「管理組合(管理組合法人)」「集会」「規約」「義務違反者への措置」「復旧、建替え」「団地」などの項目により構成されています。

 次のページ

>>最短合格を狙うならこの勉強法がオススメ