試験直前期の過ごし方

マンション管理士試験の勉強法には「独学」「通学」「通信」という3つの方法があり、どの勉強法を選択するかによって、長い受験勉強期間のあり様はだいぶ変わってくると思います。

しかしその一方で、どの勉強法を選択しようとも、試験直前期の過ごし方というのは、そう大きく変わるものではありません。このページでは、そんな試験直前期の過ごし方についてまとめてみました。
マンション管理士試験の受験をまだ「検討段階」の人にとっては、少し気の早い話かもしれませんが、これを読むことでイメージをふらませて、何かしら判断の材料にしていただければと思います。

●試験1ヶ月前

独学にせよ、通学にせよ、通信にせよ、試験1ヶ月前までには、すべての学習範囲を一通り終わらせておく必要があります。ラストスパートとばかりに、最後の1ヶ月で詰め込み学習を行うのはおすすめできませんので、これから学習を始める受験生は、余裕のある学習スケジュールを立てるようにしてください。

それでは、試験までの1ヶ月間はどのように過ごせば良いかというと、ずばり弱点の克服です。これまでの問題演習で何度も間違えてしまった箇所を復習して、完璧にできるようにしてください。

●試験1週間前

この時期になると、学習そのものよりも、試験当日を万全の状態で迎えられるよう、体調管理の方が大事になってきます。マンション管理士試験の試験実施時期は11月末。季節の変わり目ということで、体調を崩して、試験で100%の力を発揮できなかったという受験生が意外と少なくありません。

また、もし時間に余裕があれば、試験会場を一度下見しておくと良いでしょう。加えて、当日の電車遅延や運転見合わせ等を想定して、代替の交通機関を事前に確認しておくと安心です。
こうしたトラブルにより精神的に動揺してしまい、力が発揮できないというのは、あまりにももったいないことです。心も体も万全の状態で試験に臨むための準備期間と捉えて、試験1週間前は過ごすようにしてください。

 次のページ

>>最短合格を狙うならこの勉強法がオススメ